陶芸技法 黄瀬戸|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座/黄瀬戸

黄瀬戸は 桃山時代に起こった、窯を初めとする数々の技術革新によって生まれた日本を代表する陶器の一つです。
全体に薄作りで歪みやひずみをきらい、ロクロの指後を残さないよう作られているのが特徴です。
陶芸教室では、瀬戸、美濃地方で作られたものなので、同地方産出の五斗蒔土を使います。形はドラ鉢、向付、茶碗、香合などが伝統的で、デモンストレーションではドラ鉢や茶碗の作り方お見せします。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
技法紹介作品黄瀬戸
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.