陶芸技法 粉引|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 粉引

粉引は高麗末期より李朝初期にかけて生産された高麗茶碗の一つです。器の表面に掛けた白化粧土の肌合いが粉が吹いたように見えることから、粉引あるいは粉吹と呼ばれています。粉引は白化粧土を用いたシンプルな技法ながら、多彩で変化のある作品を作り出すことができます。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
技法講座作品粉引
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.