陶芸技法 モカウエア|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 モカウエア

モカウエアとは、タバコの葉の水溶液や酸性の液体を使って、作品の表面にシダやサンゴのような模様を作る技法で、19世紀のイギリスの実用品に多く見られる装飾です。生き物のように広がる模様を見ながら行う作業は他の技法とは違って大変面白く楽しい装飾方法です。
陶芸教室では、装飾方法などの注意点をデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
モカウエア画像
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.