陶芸技法 鳴海織部|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座/鳴海織部

鳴海織部は現在の名古屋市緑区鳴海町で焼かれたものから来ていると言われています。色の異なる五斗蒔土をはぎ合わせて、赤土の部分には白化粧を施し鉄絵を描きます。白土の部分には緑釉を掛けますが、釉の緑色をより鮮やかに見せるための工夫です。
陶芸教室では、型おこしやロクロで成形する方法や鉄絵の描き方をデモンストレーションを交えながら紹介していきます。
下の写真は、サンプル作品の一部です。
201911鳴海織部
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.