陶芸技法 練り込み(ロクロ編)|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 練り込み(ロクロ編)

練り込みはタタラ作りが主な技法になりますが、今回はロクロを使用した練り込みの紹介です。
ロクロを使用した練り込みは、基本的に螺旋状模様になります。色粘土の重ね具合、ロクロに置く方向、土殺しの多少などを工夫すると螺旋模様がいろいろと変化して面白いです。
陶芸教室では、ロクロによる練り込みのデモンストレーションを交えながら紹介していきます。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
練り込み(ロクロ編)
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.