陶芸技法 ルーシー・リーのニット文|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座/ニット文

今回はルーシー・リーの技法のひとつに、ニット文と呼ばれている作品があります。ニット(編み物)の模様のようだからそう呼ばれていたようです。
この技法は線状に象嵌したマンガンの濃い部分が、ところどころ太くニットのように見えるのが特徴です。
今回もデモンストレーションを交えながらの技法紹介いたします。
下の写真は、陶芸教室のサンプル作品の一部です。
ニット文陶芸作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.