陶芸技法 布目化粧|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 布目化粧

陶器の表面に、カヤ布と白化粧を使って、布目をつける技法です。
従来化粧土の使い方は粉引、刷毛目、象嵌などが伝統的な方法として知られていましたが布目化粧は近代になってから、一部の陶芸作家によって工夫されたもので、比較的新しい技法といえるでしょう。布目を通して化粧することで刷毛目が目立ちにくく、柔らかい感じになるのが特徴で、鉄絵や釉彩、上絵などと組合わせることで、幅広い表現が可能になります。
陶芸教室では、布目化粧の作り方とデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
布目化粧技法講座作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.