陶芸技法 ラスター彩|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 /銅ラスター彩

ラスターとは陶磁器の表面に薄い金属の膜を作り、光の当たり方によって、虹彩(ラスター)を生じさせる技法です。
9世紀のペルシャ陶器に、既にこの技法がみられ、その後エジプトで生産されたのち12〜13世紀に再びペルシャにおいて全盛期を向かえたと言われ、イスラム陶器の代表的なジャンルとして確立されました。
現在では各種金属を使ったさまざまなラスター彩がありますが、今回は伝統的な銅ラスター彩を中心に紹介します。
陶芸教室では、銅ラスターや液体絵具の使い方の注意点をデモンストレーションを交えながら紹介していきます。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
銅ラスター彩作品画像

 

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.