陶芸技法 染付|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 染付

染付は磁器の素焼きの生地に呉須で藍色の文様を描く絵付です。中国では青花と呼ばれ元末期に景徳鎮で完成されたといわれ、日本では江戸初期に肥前・有田で始まり、やがて各地に広まったとされています。
染付できれいな文様を描くには、染付特有の描き方のルールを学ぶことが必要です。
陶芸教室では、染付特有の筆運びや絵付の基本をデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
染付画像
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.