陶芸技法 飛びカンナ応用編|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座/飛びカンナ応用編

飛びカンナは「おどりベラ」とか「トチリ」とも呼び、日本では九州の民窯、小鹿田焼や小石原焼にみられる技法です。それらの窯では昭和に入ってから、民芸運動の影響により飛びカンナ、打ち刷毛、指頭文、櫛目と言った、化粧掛けによる装飾を組み合わせるような作品が多く見られるようになりました。
今回は透光磁土や半磁土を使って、削り模様にいろいろな金属顔料で象嵌を施す飛びカンナです。今までない色合いのモダンな仕上がりになります。
陶芸教室では、飛びカンナの道具の作り方から、金属顔料、釉薬などの組み合わせ方法などをデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は陶芸教室サンプル作品の一部です。
飛びカンナ応用編作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.