生徒作品No.27|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.27

会員の方々の新作No.27をご紹介します。今回は7月と8月の技法講座で紹介しました萩の作品を主に紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室で作ることが出来ました。

萩手小品 山田(祐)作

萩手小品 峯川(正)作 萩花器 松本(純)作

萩手小品 山田(祐)作

茶碗からカップまでいろいろ。それぞれ釉薬の種類、焼成方法、砂の混入の有無等を違えて仕上がりの違いを楽しみました。

萩手小品 峯川(正)作

こちらは小皿から茶碗、片口までいろいろです。こちらもいろいろな仕上がりの違いを楽しみました。

萩花器 松本(純)作

萩の柔らかい色合いとポッテリとした形がいい感じ。なんとも大らかで温か味のある仕上がりになりました。

萩井戸茶碗 新畑作 萩手湯呑 宮川作 萩井戸茶碗 島田作

萩井戸茶碗 新畑作

釉薬の濃淡による変化のある枇杷色が大変きれいです。形も井戸茶碗の特徴をよく捉えています。

萩手湯呑 宮川作

白化粧をした器に透明釉と長石釉を掛け分けて還元で焼成をしました。仕上がりの違いの特徴がハッキリと出ました。

萩井戸茶碗 島田作

新入会の島田さん。初めての作品がロクロ目も付けた手びねりの萩の井戸茶碗です。滲むように上品に出た御本がいい感じです。

萩手面取ぐい呑 日比野作 萩手小品  有吉作 萩飯碗  三代川作

萩手面取ぐい呑 日比野作

砂を入れた荒い粘土を使って面取りをして仕上げました。それぞれ小さいながら力強い作品です。

萩手小品  有吉作

ぐい呑から茶碗までいろいろ。それぞれ釉薬の種類、焼成方法、砂の混入の有無等を違えて仕上がりの違いを楽しみました。

萩飯碗  三代川作

酸化焼成で枇杷色を出しました。大変きれいな色合いと形も端正なスッキリとした仕上がりです。

伊羅保茶碗 蒔苗作 緋襷急須 末田作 炭化焼締湯呑 工藤作

伊羅保茶碗 蒔苗作

砂を入れた荒めの粘土に2種類の釉薬を掛け分けました。格調高い趣きのある伊羅保茶碗です。

緋襷急須 末田作

手びねりでフタの納まりを良くするのは難しいもの。緋色も綺麗に出て成功です。

炭化焼締湯呑 工藤作

それぞれの器の外側と内側に白い釉薬を掛け分けて炭化焼成をしました。内側に掛けた方が青く発色したところが不思議です。

粉引湯呑 仲嶋作 鼠志野タタラ皿 土生(待)作 唐津中鉢 高松作

粉引湯呑 仲嶋作

新入会の仲嶋さん。手びねりの基本の半筒形湯呑を作りました。白化粧の掛けムラが効果的で趣きのある仕上がりです。

鼠志野タタラ皿 土生(待)作

鼠志野用の化粧土を塗って掻き落として模様を入れました。掻き落しも上手くいって鼠志野らしい雰囲気が良く出ました。

唐津中鉢 高松作

唐津の雰囲気が良く出た作品です。長石釉の掛けムラによる色合いと伸びやかな草文で成功です。

コーヒーカップ 鈴木作 辰砂カップ 今作 中皿 斉藤(茂)作

コーヒーカップ 鈴木(ユ)作

把手の形に一工夫したお洒落な器です。ムラのある灰釉の仕上がりも効果的です。

辰砂カップ 今作

辰砂釉の赤は発色にムラがでやすいです。今回はムラなくでたうえに、磁土を使ったのでさらに鮮やかさがでました。

中皿 斉藤(茂)作

織部で白い釉薬の上に同心円の模様を描きました。滲むように出た緑と白の柔らかい色合いがいい感じです。

会員作品一覧へ<<前のページ次へ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.