生徒作品No.30|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.30

会員の方々の新作No.30をご紹介します。今回は9・10月の技法講座で紹介した土鍋・炊飯鍋を主に紹介します。その他いろいろな作品も紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室で作ることが出来ました。

グラタン用土鍋 土生(待)作

炊飯土鍋 島作 土鍋 岩上作

グラタン用土鍋 土生(待)作

電動ロクロより面倒な?素焼きの型を使ったタタラ作りの土鍋です。取っ手の形に特徴を持たせた繩目がオシャレです。

炊飯土鍋 島作

奥さんからの注文で作られたそうです。大きさとワンポイントに入れたかわいらしい模様も奥さんのご要望みたいです。

土鍋 岩上作

岩上さんも奥さんの注文で径30センチもある大きな鍋を作りました。苦労して作ったかいがあって奥さんは大満足だったそうです。

炊飯土鍋 宮沢作 土鍋 塩川作 土鍋 長尾作

炊飯土鍋 宮沢作

宮沢さんもタタラを型に押し当てて作くりました。花びらの取っ手に草花文がふっくらとした丸い形に似合ってかわいいです。

土鍋 塩川作

こちらの土鍋もタタラを型に押し当てて作くりました。シンプルな仕上がりに渦巻文がポイント。

土鍋 長尾作

ロクロで挽いた初めての大きな器が土鍋です。しっかりと挽けました。複雑に変化した白と黒の釉薬の2重掛けがポイントです。

炊飯土鍋 四方作 土鍋  峯川(正)作 炊飯土鍋  有吉作

炊飯土鍋 四方作

取っ手の形が面白く、じわりと滲んだ鉄絵も志野らしいいい雰囲気の仕上がりに。

土鍋 峯川(正)作

しっかりと挽けて作られた形に、猫ちゃんの顔を描いた可愛らしい土鍋です。愛猫だそうです。

炊飯土鍋 有吉作

ワンポイントに入れた鉄赤が効果的な土鍋です。

蓋付湯呑 佐藤(澄)作 萩手重箱 吉野作

土鍋 三橋作

端正でシンプルな形の土鍋です。写真では分かりづらいですが色が釉薬の重ね掛けで不思議な色合いの黒になり趣きが増しました。

蓋付湯呑 佐藤(澄)作

磁器土を使った蓋付の湯呑です。上絵付けで描いた花模様が白地た映えてとても上品な仕上りです。

萩手重箱 吉野作

タタラで作った重箱です。正確に張合わせるのに大変苦労しましたが上手くいきました。料理が一段と映えそう。もちろん味もです。

萩茶碗 中島作 和紙染飯碗 小林(千)作

ティーポット 島田作

萩茶碗 中島作

萩の粘土を使っていろいろな形と色の仕上がりを楽しみました。どれも萩の特徴がよく出た仕上がりです。

和紙染飯碗 小林(千)作

新入会の小林さん。和紙を丁寧に重ねながら顔料を染め込まして花模様を描きました。和紙染の特徴をよく捉えた作品です。

ティーポット 島田作

入会まもない島田さん。蓋の勘合の難しい難易度の高い四角いティーポットを作りました。ピッタリと納まって大成功です。

大鉢 斉藤(茂)作

信楽蹲 仲嶋作 唐津小鉢 土生(博)作

大鉢 斉藤(茂)作

シンプルで大胆な模様に色のコントラストが利いて存在感があります。

信楽蹲 仲嶋作

新入会の仲島さん。手びねりで作った檜垣文の入った信楽の蹲。蹲の感じがよく出ています。

唐津小鉢 土生(博)作

いろいろな焼物の小鉢を作って楽しんでおられる土生さん。今回は唐津の焼物です。だいぶコレクションが貯まってきたそうです。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.