生徒作品No.33|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.33

会員の方々の新作No.33です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室で作ることが出来ました。

タタラ角皿 鈴木作

カップ&ソーサ 有吉作 萩手湯呑 小林作

タタラ角皿 鈴木作

ストライブの彫模様の皿に黒の釉薬で濃淡を付けて掛けました。趣きのある色合の仕上がりです。

カップ&ソーサ 有吉作

端正な形にきれいに発色した色合いがとても素敵です。磁器を使ったのが成功です。

萩手湯呑 小林作

緋色の御本がきれいに出た湯呑みです。釉薬の垂れ具合もいい雰囲気で、とても使いやすそう。

ザクロ形花器 木村作 布目化粧茶碗 長尾作 大鉢 佐藤(澄)作

ザクロ形花器 木村作

ザクロの実の色のように見事に赤く辰砂が発色しました。大変存在感のある花器です。

布目化粧茶碗 長尾作

蚊帳目模様に弁柄や釉薬で模様を付けました。垂らし掛けした釉薬が効果的です。

大鉢 佐藤(澄)作

最近メキメキとロクロが上達中の佐藤さん。黒土を使って端正な形の大鉢を挽きました。掛け分けによる仕上がりが渋いです。

タタラ組絵皿 新畑作 朝鮮唐津徳利 熊田作 湯呑 宮川作

タタラ組絵皿 新畑作

なんともほのぼのとしたイラスト風のかわいい絵です。変形させたフチも絵に動きを与えて面白いですね。

朝鮮唐津徳利 熊田作

2種類の釉薬の掛け方を変えて仕上がりの違いを楽しみました。それぞれ重なりが滲んでいい雰囲気に仕上がりました。

湯呑 宮川作

釉薬の掛け方に工夫した湯呑です。釉薬を蓋は縦に湯呑は横に掛け分けて、さらに模様のように垂らした釉薬をポイントにしました。

香炉 中島作 皮鯨コブレット 工藤作 土鍋 西方作

香炉 中島作

ロクロが上手な中島さん。複雑な形をした香炉をきっちりと挽かれてます。滲むように流れた釉薬がキレイです。

皮鯨コブレット 工藤作

フチに鉄を塗って朝鮮唐津の皮鯨に仕上げました。弁柄の滲み具合と釉薬の垂れ具合が絶妙です。

土鍋 西方作

型を使ったタタラ作りです。難しいフタとの合わせは上手く出来ました。ほっこりとした丸い形が可愛いです。

布目化粧湯呑 佐藤(浩)作 組合せ皿 内野作

磁器タタラ皿 大里作

布目化粧湯呑 佐藤(浩)作

新入会の佐藤さん。作った湯呑を技法講座で紹介された布目化粧で仕上げました。ムラになった布目がいい感じです。

組合せ皿 内野作

個々には仕上がりの違う葉っぱの形をしたお皿ですが、四つ組み合わせると花びらになります。

磁器タタラ皿 大里作

お皿はお皿でも普通のお皿と違う所は、収納する時に掛けられる丸穴があります。アクセントにもなってます。

タタラ皿 島田作

布目化粧小皿 早坂作 椿梅文茶碗 石井作

タタラ皿 島田作

ロウ抜きで周囲に文字を描いたオシャレな器です。

布目化粧小皿 早坂作

野菜や果物を蚊帳目模様の素地に描きました。それぞれの絵が蚊帳目に映えていい感じです。

椿梅文茶碗 石井作

釉薬と下絵具で梅と椿を描きました。早春らしい花木模様の鮮やかな赤が映えています。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.