生徒作品No.38|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.38

会員の方々の新作No.38です。今回は5月と6月の技法講座で紹介しました伊羅保の作品を主に紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室で作ることが出来ました。

伊羅保茶碗 三代川敦子作

伊羅保小品 田中(裕)作 伊羅保茶碗 宮川作

伊羅保茶碗 三代川作

伝統的な片身替わりの伊羅保茶碗を作りました。形も端正な薄作りの仕上がりで伊羅保茶碗の特徴を良く捉えています。

伊羅保小品 田中(裕)作

いろいろな形の伊羅保を作りました。伊羅保は一見渋く見えますが良く見ると表情豊かです。どれも趣深い器になりました。

伊羅保茶碗 宮川作

伊羅保の色合いで両脇に耳を付けて黄瀬戸風の茶碗を作りました。いい雰囲気の仕上がりで外側に描いた白化粧土が効果的です。

伊羅保大鉢 増田作

伊羅保茶碗 山田(富)作

カエルのペンダント 峯川(明)作

伊羅保大鉢 増田作

手びねりで作った素朴で力強い伊羅保の大鉢です。伊羅保の雰囲気が出た趣きのある仕上がりとなりました。

伊羅保茶碗 山田(富)作

伊羅保茶碗の約束事を守って作りました。特に写真では分かりづらいですがフチの所に「べべら」が出来て本格的です。

カエルのペンダント 峯川(明)作

中がくり抜かれハートの上にカエルさんが乗っています。どのカエルさんも仕草や表情が違って生き生きとしています。オリジナリティのある素敵な作品です。

タタラ楕円皿 松本(多)作 皮鯨大皿 松本(純)作

三島手茶碗 中島作

タタラ楕円皿 松本(多)作

黒土で作ったタタラの皿に白化粧で模様を描きました。大胆でシンプルな模様が決まっています。

皮鯨大皿 松本(純)作

40cm程の大皿のフチに鉄を塗りました。滲むように流れてまるでモカウエアーの模様のようになりました。垂れ具合が見事です。 

三島手茶碗 中島作

印花と掻き落しで模様を彫り込み白化粧土を施しました。薄く白く残した白化粧土の色合いの仕上がりが上品です。

ロウ抜き湯呑 石丸作

志野花器 矢島作 掻落し絵皿 島田作

ロウ抜き湯呑 石丸作

黒土で作った器にロウ抜きの方法で模様を入れました。黒粘土の効果で辰砂が深い緑色に発色していい感じです。

志野花器 矢島作

入会しての2作目は紐作りによる大きな花器を作りました。とても2作目とは思えない存在感のある作品です。

掻落し絵皿 島田作

重ね掛けは釉薬の種類、濃さ、掛け方により景色に違いが出て面白いです。どちらの器も滲むように流れた色合いが美しいです。

三島手大皿 熊田作

飛びカンナ皿 高原作

布目模様角皿 中原作

三島手大皿 熊田作

40cmもある大皿に印花が押された大変手間のかかった作品です。仕上がりの感じを変えるのに黄磁釉を使いました。

飛びカンナ皿 高原作

飛びカンナを使ってお皿に模様を入れました。黒と白の対比が面白い2枚の組皿です。

布目模様角皿 中原作

白の化粧土で布目模様を施した後、織部釉を大胆に垂らし掛けして模様を付けました。勢いのある模様が布目模様に映えてます。

緋襷楕円皿 高松作

タタラ楕円皿 小林作

上絵中皿 内野作

緋襷楕円皿 高松作

器を重ねるごとにワラを巻いて緋色を出しました。緋襷は重ね焼きが出来るので焼き代がお得になります。

タタラ楕円皿 小林作

お皿の中程に作った白化粧土の流れ模様が大変効果的なオシャレな作品です。

上絵中皿 内野作

白い器に伸びやかに描かれた幾何学模様が印象的。すっきりとした仕上がりの素敵な作品です。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.