生徒作品No.50|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.50

会員の方々の新作No.50です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

蝋抜き皿 田原作

和紙染角皿 衣川作

蝋抜き皿 田原作

蝋抜きした花模様にじわりと滲んだ釉薬がいい雰囲気を出してます。釉薬の組み合わせが成功しました。

蝋抜き皿 山田(冨)作

蝋抜きの技法を使って根気よく描いた幾何学模様の大皿です。釉薬の境目も滲むことなくきれいに出ました。

和紙染角皿 衣川作

和紙染の重なりによる濃淡の表現と素地の色を上手く利用した作品です。白く抜かれた花模様はラテックスを使っています。

蝋抜き花文花器 土橋作

火山のお皿 野平作

織部角鉢 大和田作

蝋抜き花文花器 土橋作

素地の上から直接ロウで模様を描きました。焼締の模様の部分が効果的でコントラスト押さえた仕上がりが素敵です。

火山のお皿 野平作

カルデラ湖から突き出た火山をイメージしたお皿?だそうです。火山の中にドライアイス等を入れると火口からは噴煙が上がります。遊び心に溢れて楽しいですね。

織部角鉢 大和田作

タタラの特性を活かして作った、のびのびとした形に、ペルシャ風の模様が描かれた織部です。形と模様の取り合わせが面白い個性的な作品です。

青磁タタラ角皿 佐藤(理)作 幾何学文大皿 松本(純)作 灰釉タタラ皿 石丸作

青磁タタラ角皿 佐藤(理)作

磁器土のタタラにタワシを使って渦巻文を付けました。青影釉の涼しげな色合いが上品です。これからの季節にピッタリ。

幾何学文大皿 松本(純)作

黒土の素地にロウで模様を描いてから白化粧を吹き付けました。洗練されたデザインでハッキリとした模様がきまってます。

灰釉タタラ皿 石丸作

古信楽の粘土を使って大胆に串目とへら目模様を入れた力強い作品です。ビードロ状に溶けた灰釉がきれいです。

織部水指し 峯川(正)作

キャンドルスタンド 石見作 コブレット 井坂作

織部水指し 峯川(正)作

ご自分の茶室でお使いになる茶道具を作っておられる峯川さん。ご自分お作りになられた茶道具でおもてなしするなんてすてきですね。

キャンドルスタンド 石見作

三つの色違いの可愛らしいキャンドルスタンドです。小さな穴から洩れてくる柔らかなロウソクの光が楽しみですね。

コブレット 井坂作

ポップな感じの模様と色合いが楽しいコブレットです。

目玉焼文皿 倉本作

アロマオイル入れ 永松作

目玉焼文皿 倉本作

立体的に作られた目玉焼に色分けは蝋抜きの技法を使いました。お料理を食べながら見えてくる目玉焼きなんて、なんとも楽しくなるお皿ですね。

アロマオイル入れ 永松作

アロマオイルが滲み出るよう、粗めの粘土を使って作りました。つまみをリボンにしたパッケージ風の容器が可愛らしいです。

蝋抜きタタラ皿 藤本(周)作

蝋抜きした焼締部分に蚊帳目の模様を上手に活かしたおしゃれなお皿です。

飛びカンナ皿 吉能作

伊羅保茶碗 佐藤(浩)作

蝋抜きタタラ皿 石山作

飛びカンナ皿 吉能作

黒土の皿に白と黒の化粧土を施して飛びカンナで模様を付けました。使った釉薬は一種類なのに、変化に富んだ色合いの仕上がりがすてきです。

伊羅保茶碗 佐藤(浩)作

伝統的な片身替わりの伊羅保茶碗です。写真では分かりづらいですがフチの所には「べべら」が出来て本格的です。

蝋抜きタタラ皿 石山作

蝋抜きした花模様にじわりと滲んだ釉薬の色合いがとてもいい雰囲気を出してます。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.