生徒作品No.51|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.51

会員の方々の新作No.51です。今回は5月と6月の技法講座で紹介しました、タタラの作品を主に紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

ギザギザ文タタラ皿 諏訪作

紐文タタラ皿 中村作 葉文タタラ皿 吉能作

ギザギザ文タタラ皿 諏訪作

カーテンリールのワイヤーを使ったギザギザ文様のタタラの皿です。ギザギザ文様に辰砂の赤が綺麗です。

紐文タタラ皿 中村作

色々な形にした紐をタタラに乗せて上から押さえて文様を付けました。紐の柔らかさがいきた、自然な感じの仕上がりが素敵です。

葉文タタラ皿 吉能作

カエデの葉っぱを押し当てた文様の皿です。茎と葉脈に置いた鉄がアクセントになって、マットでムラのある色合いに映えてます。

炭文タタラ皿 日比野作

ギザギザ文タタラ皿 工藤作

ギザギザ文カップ 鈴木作

炭文タタラ皿 日比野作

炭の端面を磁土のタタラに押し付けて作った文様です。押し文様を強調した青影釉の爽やかな色合いが綺麗です。

ギザギザ文タタラ皿 工藤作

ギザギザ文様のタタラの角皿です。変化に富んだ仕上がりが面白いです。釉薬の掛け分けが丁度上手くいきました。

ギザギザ文カップ 鈴木作

こちらの方はギザギザ文様のタタラを立体的に使いました。シンプルな作りながらオリジナリティーのあるカップです。

ギザギザ文タタラ皿 磯部作 魚文タタラ皿 飯島作 灰釉タタラ皿 矢島作

ギザギザ文タタラ皿 磯部作

こちらもカーテンリールを使ったタタラの皿です。ヘラで付けた焼締の文様とのコントラストが効果的で個性的な作品です。

魚文タタラ皿 飯島作

布ヤスリをお魚等の形に切ってタタラに押して文様を付けました。素朴なお魚等の文様がかわいらしいです。

灰釉タタラ皿 矢島作

オモチャのブロックをタタラに押し当てて文様を付けました。丸いタタラの端を丸めて作った柔らかい感じの仕上がりの角皿です。

辰砂蝋抜き中鉢 加藤(博)作

青白磁釉角皿 市木作 蝋抜き大皿 熊田作

辰砂蝋抜き中鉢 加藤(博)作

辰砂は運が良いとムラなく真っ赤に発色します。黒土を使っているのでさらに深みのある赤色になりました。成功です。

青白磁釉角皿 市木作

厚いタタラの磁土を丁寧に削って作りました。スッキリとしたシンプルな形に爽やかな色合いの仕上がりが素敵な角皿です。

蝋抜き大皿 熊田作

約40センチ程の大皿に、熊田さん独特のオリジナル模様を蝋抜きで描きました。エキゾチックな感じの個性的な模様の作品です。

葉形文皿 三代川作

蝋抜き飯碗 西作

渦巻文飯碗 宮沢作

葉形文皿 三代川作

ロクロで挽いたお皿に柏の葉を押し当てて模様を付けて、釉薬で彩色しました。葉っぱの濃淡のあるぼやけた色合いが良いですね。

蝋抜き飯碗 西作

蝋抜きでいろいろな幾何学模様を描きました。ふっくらとした形に伸びやかな模様の温かみある仕上がりです。

渦巻文飯碗 宮沢作

呉須で描いた流水状の渦巻文の中心に白い花が浮かんで描かれてます。白い花をポイントにしたかわいい飯碗です。

蝋抜き水玉文中鉢 伊藤作

織部飯碗&カップ 日野作

火襷六角皿 岩崎作

蝋抜き水玉文中鉢 伊藤作

入会間もない伊藤さん。蝋抜きの技法を使って模様を付けました。掛け合わせた釉薬がじわりと滲んで趣きがあります。

織部飯碗&カップ 日野作

こちらも入会間もない日野さん。ロクロで挽いた器にどちらも特長のある織部の模様が印象的です。

火襷六角皿 岩崎作

ワラと籾殻の両方を使って緋色を出しました。丸く白く抜けた模様は粘土を置いた所です。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.