生徒作品No.65|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.65

会員の方々の新作No.65です。今回は技法講座で紹介したペルシャ三彩の作品を主に紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

青白磁彫文ポット 新澤作

草花文大鉢 熊田作 フランスの政党 滝川作

青白磁彫文ポット 新澤作

写真では分かりにくいですが立体感のある弥勒菩薩が彫られています。青白磁釉が弥勒菩薩を強調して成功です。さぞかし手間が掛かったことでしょう。

草花文大鉢 熊田作

熊田さんの大鉢シリーズの最新作です。下絵具で丁寧に模様を描きこんだ、エキゾチックな雰囲気の大鉢です。

フランスの政党 滝川作

フランスの政党を歯磨きチューブで表現したパロディ作品です。フランスを知る人は思わずニヤリ。歯磨きチューブは石膏で型取りして作りました。

幾何学文角皿 永山作

錬込大鉢 加藤(博)作

ラストネアンデルタール 野平作

幾何学文角皿 永山作

黒と白の大胆なレイアウトに幾何学模様のデザインがユニークな作品です。ポイントに入れた赤が効果的。

錬込大鉢 加藤(博)作

青のグラデーションの錬り込みに白に茶の線文を組み合わせて作った錬り込みの大鉢です。大胆にパッキリと分けたデザインが印象的。

ラストネアンデルタール 野平作

野平さんの古代シリーズです。最後の一人となったネアンデルタール人の死に行く様を表現。造形力のあるこのリアルさは、今にも動き出しそうな迫力。ドラマ性のある作品です。

青白磁刻文湯呑 奥山(裕)作 和紙染湯呑&茶托 日野作 タタラ皿 加藤(真)作

青白磁刻文湯呑 奥山(裕)作

シンプルな彫模様を施した磁器の湯呑みです。青白磁釉の明るい色合いの濃淡がきれいです

和紙染湯呑&茶托 日野作

草文の和紙染めの作品です。和紙染めの特徴の重なりによる濃淡が上手に生かされた上品な仕上がりです

タタラ皿 加藤(真)作

白い器シリーズを作られてる加藤さん。シンプルな形と色で統一感を持たせたオシャレな器です。白い器はどんな料理でも引き立ててくれるこでしょう。

飛びカンナ大皿 藤井作

織部土瓶 松本(純)作 スリップウエア皿 土橋作

飛びカンナ大皿 藤井作

黒土の上から白化粧土そして黒化粧土を練って飛びカンナで模様をいれました。全体に押さえた仕上がりにしました。

織部土瓶 松本(純)作

今まで多くの土瓶を作られた松本さん。今回は大胆に描かれた素朴な模様が新鮮な織部の土瓶です。

スリップウエア皿 土橋作

渦巻き模様は泥粧が固まらない内に一気に描くため緊張します。細い針金で描いた矢がすり模様も上手くいきました。

三彩角鉢 大和田作

三彩中鉢 石見作

三彩コブレット 有吉作

三彩角鉢 大和田作

三彩釉を自由な発想で絵画を描くように塗りました。三彩釉の特徴を生かした抽象画ような仕上がりがモダンです。

三彩中鉢 石見作

技法講座で紹介した唐三彩をお手本にして作りました。きれいな色合いに、流れ具合もいい感じに出来ました。

三彩コブレット 有吉作

こちらはかわいい三彩のコブレットです。これでワインを飲んだら美味しそう.。

 三彩小鉢 藤本(ヨ)作

三彩楕円ボール 横山作

三彩中鉢 飯島作

 三彩小鉢 藤本(ヨ)作

白チタン釉に多めに三彩釉使ったせいか予想以上に混ざり合って唐三彩とは違った雰囲気になりました。でもいい感じに仕上がって良かったですね。

三彩楕円ボール 横山作

使いやすい器にするため、辰砂釉を使って少なめに三彩釉を施したのが狙い通りに成功。 写真では分かりづらいですがローレット模様が効果的です。  

三彩中鉢 飯島作

こちらは三彩釉を多めに使ってます。鮮やかな色合いに仕上がりました。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.