生徒作品No.68|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.68

会員の方々の新作No.68です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

花文ちょか 柳井作

幾何学文足付皿 大和田作 釉彩絵皿 田原作

花文ちょか 柳井作

蝋抜きで描いたかわいい花模様の土鍋土で作った焼酎用の「ちょか」です。こんなおしゃれな「ちょか」は見たことがありません。

幾何学文足付皿 大和田作

素朴な南米の陶器を思わせる蝋抜き模様の足付き皿です。大和田さん特有のオリジナルな模様が面白い作品です。

釉彩絵皿 田原作

気に入った秋の風景の日本画をお手本にして描いた絵皿です。釉彩に上絵具や金彩などを組み合わせて微妙な色合いを表現しました。手が込んでます。

招き猫貯金箱 松本(多)作

葉文蛍手湯呑 宮川作

大文字焼き蛍手 宮本作

招き猫貯金箱 松本(多)作

願いを込めて作った(時間も掛かりました)愛らしくもユニークな招き猫の貯金箱です。金色に輝く小判は一万両。この思い入れには脱帽!

葉文蛍手湯呑 宮川作

写真では分かりにくいですが彫模様の葉に幾つもの小さな丸穴を開けました。端正な形に磁器らしい明るい色合いがきれいです。

大文字焼き蛍手 宮本作

大文字焼きを蛍手にした磁器で作ったアロマです。山の稜線に開けたスリットと大の字の蛍手の丸穴から洩れる光が幻想的。面白い発想の作品です。

蛍手湯呑 及川作 掻落小鉢 三代川作 染付蓋物 松本(純)作

蛍手湯呑 及川作

色々な形の抜き型を使って穴を開けました。穴が大きいと釉薬が埋まらない事があります。上手く埋まりました。色合いもきれいです。

掻落小鉢 三代川作

白化粧刷毛目にシンプルな掻き落し模様のデザインがお洒落です。御本手の色合いも効果的です。

染付蓋物 松本(純)作

ロクロで挽くのが難しい磁器土で作った蓋物です。砥部焼をお手本にして描いた絵付けも上手く出来ました。発色もきれいです。

草花文三彩大鉢 高原作

多彩釉コブレット 加藤(博)作 唐三彩大鉢 熊田作

草花文三彩大鉢 高原作

掻き落しで描いた草花模様に三彩釉で彩色した大鉢です。のびのびと描かれた図柄と色合いが素敵です。

多彩釉コブレット 加藤(博)作

三彩釉や色釉などを上手く組み合わせて模様を描きました。華やかな仕上がりのかわいいコブレットです。

唐三彩大鉢 熊田作

30cm程の大鉢に三彩釉を筆で模様のように塗りました。滲むように混ざり合った模様が面白いです。色合いもきれいな仕上がりました。

遼三彩大壷 野田作

三彩絵皿 柳作

ダチョウ文三彩皿 横田作

遼三彩大壷 野田作

椿文の遼三彩をお手本にして作ったどうどうとした大壷です。掻き落しの椿模様に三彩釉がいい色合いに仕上がっています。

三彩絵皿 柳作

掻き落しで描いた模様に三彩釉で彩色したメルヘンチックな感じの楽しいお皿です。

ダチョウ文三彩皿 横田作

こちらも同じ手法で作ったダチョウの絵がとてもかわいいお皿です。

カップ 土橋作

錬込み鉢 浜田作

和紙染箸立 真々部作

カップ 土橋作

黒土に砂を混ぜた粘土を使いました。内側は白化粧土、外側には釉薬を薄く掛けました。コントラストのある仕上がりに素地の質感が効果的。

錬込み鉢 浜田作

新入会の浜田さん。黒土と白土をマーブル模様に錬り込んだタタラを放射状に6等分にカットして組み合わせました。手が込んでいます。

和紙染箸立 真々部作

こちらも新入会の真々部さん。紫陽花の細かい花びらを一つ一つ丁寧に染めました。きれいな仕上りで初めてとは思えない出来栄え。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.