生徒作品No.69|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.69

会員の方々の新作No.69です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

オブジェ 滝川作

茶碗 鈴木(ユ)作

毛糸玉入れ 井坂作

オブジェ 滝川作

空想上の動物のオブジェだそうです。見る角度や見る人の感性によっていろいろな姿に変わります。確かな造形力を感じる作品です。

茶碗 鈴木(ユ)作

ちょっと変わった器を作る鈴木さん。今回は何と削りカスを器体の表面に付けて手触り感が楽しめる茶碗を作りました。遊び心のある作品ですね。

毛糸玉入れ 井坂作

釉彩や下絵具で丁寧に細かい模様を描き込んだ、エキゾチックなムードの素敵な毛糸玉入れです。

三彩皿 市川作

三彩大鉢 山田(富)作

三彩大鉢 岩上作

三彩皿 市川作

イラスト風に町並みを描いたかわいい絵皿です。繊細な模様と押さえた色使いがいいですね。

三彩大鉢 山田(富)作

のびのびと描かれたピーマンの絵柄に三彩の配色がとても映えてます。

三彩大鉢 岩上作

元音楽の先生の岩上さん。音楽への思い入れを込めて作った三彩の大鉢です。いろいろな楽器を描きました。思い入れの一作です!

三彩皿 佐藤(匡)作

多彩釉カップ 藤本(ヨ)作

三彩皿 佐藤(匡)作

三彩釉の緑色に磁器の白色だけのスッキリとした仕上がりなので使いやすそうなお皿です。

三彩小鉢 飯島作

自由で伸びやかな模様の三彩の小鉢です。

多彩釉カップ 藤本(ヨ)作

三彩で釉彩してから、さらに上絵具で彩色して華やかさを出したカップです。

灰皿 佐藤(裕)作

信楽片口 石丸作 土鍋 小田嶋作

灰皿 佐藤(裕)作

河童と蛙がとてもかわいい灰皿です。ついついたばこを吸いすぎてしまいそう!

信楽片口 石丸作

丁寧に作られた端正な形の片口です。信楽の粘土に灰釉を吹き付けて炭化焼成をしました。

土鍋 小田嶋作

直径37cm程の大きな土鍋です。蓋にはかわいい愛犬をモデルにした取っ手を付けました。家族と愛犬への思い入れが伝わってきますね。

炊飯土鍋 坂口作

タタラ皿  加藤(真)作  急須 島作

炊飯土鍋 坂口作

いつか自分で作った炊飯土鍋でご飯を食べたいと思っていた坂口さん。念願がかないました。こちらも愛犬を取っ手にした炊飯土鍋です。

タタラ皿 加藤(真)作

内側は白化粧土、外側は素地の質感を活かして釉薬を薄く掛けました。パッキリと色分けした仕上がりが新鮮です。

急須 島作

初めての急須の挑戦です。一つ一つ丁寧に時間を掛けて作った器体に花文の象嵌や蝋抜きで模様を施しました。

萩手カップ 瀧上作

窯変角皿 石手作

刷毛目大鉢 永山作

直径35cm程の手びねりで作った大鉢です。 黒土に白化粧土の刷毛目と打刷毛模様の組み合わせが大胆ですね。

萩手カップ 瀧上作

オレンジ色の御本がきれいにでました。とても使いやすそうなお揃いのカップです。

窯変角皿 石手作

備前土に籾殻を使った窯変の角皿です。白く抜けた模様は粘土を置いたところです。きれいに模様がでました。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.