生徒作品No.79|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房


陶芸教室の生徒作品No.79

会員の方々の新作No.79です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

角鉢 野崎作

金彩焼締白磁小鉢 伊藤作

草花文花器 井坂作

角鉢 野崎作

手びねりで作った35cm程の大きな角鉢です。カラフルな下絵顔料を使った個性的な模様です。マットな釉薬で柔らかい仕上がりにしました

金彩焼締白磁小鉢 伊藤作

焼締白磁に金彩で描いた光沢の金の帯にマットな金のラインが効果的。豪華な雰囲気の小鉢です。

草花文花器 井坂作

磁器で作った高さ35センチ程の堂々とした造りの花器です。大胆なレイアウトの個性的な草花模様が印象的です。

釉象嵌角皿 土橋作

釉彩無花果文花器 田原作

白磁象嵌フリーカップ 永山作

釉象嵌角皿 土橋作

シンプルな幾何学模様ながら撥水剤を2回使った大変手間のかかった釉象嵌です。仕上がりも綺麗です。

釉彩無花果文花器 田原作

釉彩で描いた無花果模様のかわいい一輪挿しの花器です。茶色のベースに鮮やかな色の組み合わせがとてもいい雰囲気。

白磁象嵌フリーカップ 永山作

マットな質感の白磁にスッキリとしたデザインの象嵌模様がお洒落なカップです。内側に入れた織部の緑がポイント。

白磁金彩カップ 吉能作

レンゲ 大和田作

金彩蛍手小鉢 飯島作

白磁金彩カップ 吉能作

こちらの縦じま模様は蝋抜きで描いて透明釉をたっぷりかけてレリーフ状にしました。ポイントに入れた金彩がオシャレなカップ。

レンゲ 大和田作

これからの季節に欠かせないお鍋料理にぴったりの見ても使っても楽しい磁器のレンゲです。エキゾチックな模様は象嵌と釉薬で描かれてます。

金彩蛍手小鉢 飯島作

磁器で作った丸いフォルムにハートの蛍手がかわいい小鉢です。金彩のアクセントがとても効果的です。

金彩茶器セット 新澤作

三彩高台鉢 藤本(ヨ)作 大鉢 熊田作

金彩茶器セット 新澤作

マット釉を施した白磁に金彩で描いた鳳凰などの鳥がマットな金色になりました。落ち着いた仕上がりでおもてなしにピッタリの茶器セットです。

三彩高台鉢 藤本(ヨ)作

食器として安全な高火度三彩釉を使った高台鉢です。白化粧土を施してから掻き落しで模様を入れました。白化粧に映えた三彩釉がきれいです。

大鉢 熊田作

天目釉に白釉と鉄釉で描いた文様の重なりの滲み具合がいい雰囲気です。 伸びやかな文様の大鉢です。

粉引マグカップ 藤本(周)作

蓋付湯呑 佐藤(典)作 花器/蚊遣 柳作

粉引マグカップ 藤本(周)作

ぬくもりのある粉引はいつも人気があります。雲母の黒い斑点に淡い御本手がとてもいい感じ。普段使いに最適なマグカップです。

蓋付湯呑 佐藤(典)作

お皿の端に描いたかわいい野菜の絵柄がポイントです。内側と外側をパッキリと分けて施した白化粧土でキリリとした仕上がりになりました。

花器/蚊遣 柳作

黒土を使って焼締めた器体は蚊遣にも花器にも使えるそうです。ポイントに入れたカラフルな点々模様がお洒落です。

カモメ文スープカップ 羽鳥作 釉象嵌クローバー文皿 菊地作 焼締フラワーポット 茂木作

カモメ文スープカップ 羽鳥作

白いカモメの模様はラテックスで抜きました。呉須の青を空に見立てた伸びやかな楽しい雰囲気のスープカップです。

釉象嵌クローバー文皿 菊地作

クローバーにカットしたシールを使った釉象嵌のかわいいお皿です。

焼締フラワーポット 茂木作

新入会の茂木さんの作品です。イッチンで描いた模様に土の質感を活かした焼締のフラワーポットです。インテリアとしてもお洒落。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.