生徒作品No.87|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.87

会員の方々の新作No.87です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。※画像をクリックすると拡大されます。
陶芸作品1 陶芸作品2 陶芸作品3

白磁染付鉢 宮本作

白磁で作った大鉢です。呉須で描かれた個性的な模様は中国の文様をモチーフにしたそうです。 焼成は酸化。

青磁ドラ鉢 熊田作

白磁の器体の周囲に輪花を施し、呉須で絵付した青磁のドラ鉢です。青磁釉に呉須の組み合わせが面白いです。 焼成は還元。

スリップウエア楕円鉢 大和田作

白化粧土を施して素早くスポイトで描いた抽象的な模様が印象的。フチの彫り模様が効果的。 焼成は酸化。

陶芸作品4 陶芸作品5 陶芸作品6

火山の器 野平作

火山の質感は粘土に砂や顔料を混ぜたりして作りました。なんとこの火山は器で、火口に料理盛ってドライアイスで噴煙を出すそうです。 焼成は酸化。

縄文式土器の花入れ 新澤作

文様を一つ一つ丁寧に積み上げて作った大変手間のかかった迫力のある作品。 焼成は炭化焼締。

蝋抜き草花文皿 石手作

技法講座で紹介された蝋抜きによる模様です。余白をいかした草花模様のデザインが素敵。 焼成は酸化。

陶芸作品7 陶芸作品8 陶芸作品9

幾何学文楕円皿 加藤(博)作

スポンジのスタンプに顔料を付けて模様を施しました。マット釉を使って淡い色合いの仕上がりにしました。焼成は酸化。

青白磁鉢&皿 大島作

白い磁器土で作った端正な形の青白磁です。夏の食卓を爽やかにしてくれる清涼感のある青色。 焼成は還元。

織部足付楕円鉢 秋田作

型を使って適当にカットしたタタラの粘土を貼り合わせて作った、盛り付けの映える織部の楕円鉢。底に描いた鉄絵も見所です。 焼成は酸化。

陶芸作品10 陶芸作品11 陶芸作品12

粉引椿文皿 鵜川作

椿の花の形は一枚のタタラに切り込みを入れて作りました。それぞれオレンジ色の御本手が表情を違えて味わい深いです。 焼成は還元。

目玉焼文飯碗 秋山作

目玉は貼付で卵の輪郭は土象嵌です。遊び心のある器は使っても見ても楽しいですね。 焼成は酸化。

蛍手透彫ランプシェード 及川作

一体で作った二重挽きの器体に透かし彫りと蛍手の二つの技法も組み合わせてます。技術と手間がかかった作品です。 焼成は還元。

陶芸作品13 陶芸作品14 陶芸作品15

押文角皿 藤井(隼)作

いろいろな材料を使った押模様に色は釉薬で付けました。すっきりとしたデザインの角皿。 焼成は酸化。

魚文小皿 柳作

黒土で作ったかわいい魚形の小皿でアクセントに金銀彩を入れてます。尻尾にはワサビや薬味などを入れるそうです。焼成は酸化。

織部土鍋 山田作

蒸し鍋としても使える織部の土鍋。織部の伝統模様を自分なりにアレンジした大胆な絵付が個性的。 焼成は酸化。

陶芸作品16 陶芸作品17 陶芸作品18

象嵌箸置 菊地作

技法講座で紹介された土象嵌。土の代わりに釉薬を使いました。白い磁器土なのでイラスト風のかわいい模様がいっそう映えてます。 焼成は酸化。

湯呑 浜田作

石の入った黒土に薄い白化粧土に乳濁釉を施しました。趣き深い仕上がりにころんとした形がかわいい湯呑です。 焼成は還元。

三彩飯碗 三浦作

技法講座で紹介された鮮やかで流れる釉薬を使った三彩の飯碗です。下地に白い釉薬を使って淡い色合いに仕上げました。 焼成は酸化。

会員作品一覧へ<<前のページ次へのページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.