生徒作品No.88|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.88

       会員の方々の新作No.88です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。※画像をクリックすると拡大されます。
陶芸作品1 陶芸作品2 陶芸作品3

蓋もの 田原作

難易度の高い薄作りの蓋ものです。マットなコントラストを押さえた釉薬の使い方が上手です。リアリティのある動物達のつまみが凝ってます。焼成は酸化。

信楽大壷 矢島作

古信楽の粘土を使用。手びねりで作った高さ40cm程の大胆な彫模様の大坪。灰釉が条痕状にきれいに流れました。焼成は還元。

竹形の蓋もの 滝川作

シリコーンゴムで竹を型取りしたリアリティのある個性的な作品。作品としても完成度が高いです。焼成は酸化。

陶芸作品4 陶芸作品5 陶芸作品6

三彩中鉢 宮川作

技法講座で紹介された唐三彩を使った面取り中鉢です。高火度釉の三彩なので食器として使えます。焼成は酸化。

土象嵌幾何学文大鉢 関作

技法講座で紹介された土象嵌。シンプルな幾何学模様ながら大変手が込んでます。色合いは柔らかな仕上りにしました。焼成は酸化。

織部角皿 藤本作

型を使って織部釉に鉄絵を組み合わせたタタラの角皿。とても現代的な仕上がり。焼成は酸化。

陶芸作品7 陶芸作品8 陶芸作品9

染付花器 富安作

タタラつくりが難しい半磁器土の花器。表面にカンナで彫り模様の装飾、4面に描かれた故事の文字は呉須象嵌。焼成は還元。

和紙染飯碗 坂手作

クローバー模様は和紙染め、水玉模様はコバルトの水性顔料で描いたかわいい飯碗。焼成は還元。

白磁小品 山田(祐)作

白磁を使ったいろいろな形の取皿や小鉢に色の泥奨を象嵌。形も温かみのある手ひねりの良さが現れた優しい雰囲気の作品です。焼成は酸化。

陶芸作品10 陶芸作品11 陶芸作品12

三島手丼 井坂作

古典的な三島の技法を使った端正な形の丼。黒土と白化粧土のコントラストの仕上がりが新鮮です。焼成は酸化。

蝋抜きハート文マグカップ 石丸作

ぽってりとした形に蝋抜きのハート模様がかわいいマグカップ。かたまりの取っ手が個性的。焼成は酸化

備前焼締旅持急須 西原作

技法講座で紹介された備前土の旅持急須。収納や携帯に便利な汲み出しを入れました。焼成は炭化。

陶芸作品13 陶芸作品14 陶芸作品15

和紙染葉文飯碗 工藤作

和紙染めは大きな模様をムラなく染めるのが難しいですが、とてもきれいに仕上がりました。焼成は還元。

土象嵌楕円皿 柳井作

色の違う粘土を埋め込んだ土象嵌。重なるように施されたゆるやかな縁のラインが洒落てます。焼成は酸化。

土象嵌花文皿 真々部作

こちらは黒土の素地にカラフルな粘土を埋め込んだ土象嵌。コントラストを押さえた淡い色合いなのが使いやすそう。焼成は酸化。

陶芸作品16 陶芸作品17 陶芸作品18

土象嵌花文飯碗 中田作

かわいい花模様を色の違う粘土を埋め込んだ土象嵌。初めてロクロで挽いた作品です。焼成は酸化。

三島手中皿 袴田作

入会されて初めての作品。丹念に押された印花。釉薬を違えて仕上がりの違いを楽しみました。焼成は還元。

蝋抜ドジョウ文飯碗 松上作

こちらも入会されて初めての作品。2種類の釉薬を使った蝋抜きのドジョウ模様。趣きのある仕上がりです。焼成は酸化。

会員作品一覧へ<<前のページ次へのページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.