生徒作品No.92|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.92

会員の方々の新作No.92です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。※画像をクリックすると拡大されます。
陶芸作品1 陶芸作品2 陶芸作品3

三彩南蛮人文大皿 宮川作

南蛮人の図柄をモチーフに描いた大皿。黒土に白化粧土、掻き落し模様に三彩で釉彩。当時の様子の雰囲気が良くでています。

和紙染花文楕円皿 吉能作

白い磁器土に和紙染めの幅40cm程の大きな楕円鉢。対象的な花模様のデザインながら色使いもレイアウトも上手くまとまっています。

上絵付市松文プレート 加藤(博)作

金彩、銀彩、赤絵を使った大胆な色使いの市松模様のシンプルなデザインの和菓子を引き立てるプレート。華やかな仕上がりが晴れの日を演出してくれそう。

陶芸作品4 陶芸作品5 陶芸作品6

干支の置物 大島作

今年の干支のかわいい虎の置物。よく見ると千両小判を持ってます。今年も良い年になりますように願いを込めて。

蟹文八角形食籠 滝川作

実物をウレタンゴムで型取りして遊び心がある楽しい作品を作る滝川さん。このリアリティのあるカニに食籠の組み合わせは独創的。

ウサギ文プレート 富安作

壁掛け用として作ったプレート。うさぎの絵柄は、出世運や財運などの幸運を招くとされてます。今年もきっと良いことがありますね。

陶芸作品7 陶芸作品8 陶芸作品9

白磁マグカップ 田中作

白い磁器土を使って一体で作った取っ手に波打った口元が特徴。掛け合わせた釉薬の溶け具合が絶妙。

和紙染葡萄文花入 石見作

白い磁器土を使って手びねりの良さが現れた優しい雰囲気の仕上がりの花入。

弥七田織部すり鉢&片口鉢 井坂作

大胆にも赤土を使った弥七田織部。個性的なデザインに渋い色合いの組み合わせがとても新鮮。

陶芸作品10 陶芸作品11 陶芸作品12

金彩香炉 鵜川作

形はシンプルですが仕上げは凝ってます。釉薬の使い分け、和紙染めに金彩といろいろな装飾方法を組み合わせた香炉。

白磁輪花鉢 佐藤(澄)作

金彩と釉彩で描いた桜模様が輪花を施した白い磁器土に映えた上品な仕上がり。

馬蹄形状差 瀧上作

馬蹄の形をしたユニークな状差し。蹄鉄の部分を銀彩で質感を出したのがポイント。

陶芸作品13 陶芸作品14 陶芸作品15

赤絵もみじ文急須 飯島作

赤絵で描いたシンプルなもみじ模様がかわいい端正な作りの急須。

釉象嵌マグカップ 井上作

釉象嵌の技法を使ったマグカップ。シンプルなデザインの幾何学模様がかわいいです。

弥七田織部向付 阿部作

技法講座で紹介された弥七田織部ですが、和紙染めに上絵付も使った手の込んだ型起しの向付。

陶芸作品17

押文角皿 三浦作

いろいろな形に組み合わせたロゴを押し付けて作った幾何学文のお洒落なお皿。凹んだところに溜まった釉薬が模様を強調。

三彩鳥文花器 塩谷作

磁州窯の模様をお手本に白化粧土を使って掻き落しで模様。三彩釉がオリジナルな仕上がりとなりました。

蝋抜き椿紋組皿 浜田作

蝋抜きの技法を使った椿模様の組皿。油滴天目釉に白い釉薬を吹き付けたグラデーションが絶妙。

会員作品一覧へ<<前のページ次へのページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.