和紙染part2

市販の下絵顔料を使って、これまでの和紙染part1では難しかった赤や黄色などの暖色系やその他のいろいろな色で模様を入れる方法の紹介です。今までとは違った多彩で微妙な色合いの表現もできます。
陶芸教室では、作陶の方法をデモンストレーションを交えながら紹介します。
写真は陶芸教室サンプル作品の一部です。