陶芸技法 銅を使った練込|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 銅を使った練込

銅を使った練り込みは、イギリスの陶芸家ルーシー・リーの作品に見られる技法の一つです。
粘土自体に混ぜた銅が、釉薬に色を滲ませるのが特徴です。そのため、発色が不安定なところがありますが、独特の雰囲気を作ることができます。
陶芸教室では、それぞれの作陶の方法をデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
技法講座作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.