陶芸技法 鈞窯&銅彩|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 鈞窯&銅彩

鈞窯と銅彩は銅を顔料に使って、還元炎焼成で赤い発色を得る技法です。

鈞窯は中国北宋時代に栄えた窯の名前で、その場所が明時代に鈞洲と呼ばれたことから鈞窯または均窯と称されるようになりました。
この窯の特徴は、珪酸分の多い乳濁釉に銅(タンパン)を使って還元炎焼成で紅斑を出す発色の組み合わせです。
鈞窯は世界で初めて、銅を呈色材にして高温焼成を行った窯と考えられます。

銅彩は鈞窯と同じ銅の液体顔料(タンパン)や固体顔料(織部釉)を使った装飾方法です。
鉄絵に液体顔料を使って模様を描き、釉薬は青磁釉や透明釉を使います。また他の釉薬を使ってみるのも面白いかもしれません。
陶芸教室では、液体顔料や固体顔料の使い方の注意点をデモンストレーションを交えながら紹介していきます。

下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
鈞窯・銅彩
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.