陶芸技法 釉象嵌|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座/釉象嵌

象嵌とは、素地に色の違うものを嵌め込んで模様を作る技術です。本来は金属工芸に用いられる用語で象眼とも表記されています。
陶芸では、化粧土や色の違う粘土を使った土象嵌が主流ですが、今回は釉薬を使った線や面による釉象嵌の紹介です。
陶芸教室では、装飾方法などの注意点をデモンストレーションを交えながら紹介していきます。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
釉象嵌作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.