陶芸技法 ルーシー・リーのピンク釉&ブロンズ釉|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 ピンク釉&ブロンズ釉

ピンク釉とブロンズ釉は、イギリスの陶芸家ルーシー・リーの作品の一部に見られる技法のひとつです。
ピンク釉はあらかじめ釉薬に、ピンク顔料を入れずに、下絵具のようにピンク顔料を用いることで、独特の雰囲気を作ることができます。磁器土などの色が白く、キメの細かい土が、この技法に適しています。
ブロンズ釉はその名の示すとおり、金属的な光沢が特徴です。どんな土の種類でも発色しますが、作品の一部に白くて無釉の部分が欲しい場合は、磁器土を使用します。
陶芸教室では、それぞれの作陶の方法をデモンストレーションを交えながら紹介します。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
ピンク釉とブロンズ釉の作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.