生徒作品No.47|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.47

会員の方々の新作No.47です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

銀油滴天目急須 山田(富)作

ハートのサラダボール 滝村作 三島手中皿 長尾作

銀油滴天目急須 山田(富)作

ロクロが上手くなられた山田さん。蝋抜きした模様が効果的な黒土を使った急須です。銀油滴釉もきれいに出ました。

ハートのサラダボール 滝村作

結婚される友人に贈る器だそうです。とてもお洒落なデザインの落ち着いた感じの仕上がり素敵です。きっと友人に喜ばれることと思います。

三島手中皿 長尾作

写真では分かりづらいですが連珠文の印花がきっちりと丁寧に押されてます。手間の掛かった分、格調の高い仕上がりとなりました。

瓢箪文花器 宮川作

ちょか 岩崎(純)作

葡萄文ワインクーラー 土橋作

瓢箪文花器 宮川作

白化粧の有無のそれぞれの花器に呉須で瓢箪を描きました。どちらも勢いのある筆遣いと呉須の濃淡の使い方が上手いですね。

ちょか 岩崎(純)作

直火にも掛けられる土鍋土を使って焼酎用の「ちょか」を作りました。朝鮮唐津の仕上がりいい雰囲気を出しています。

葡萄文ワインクーラー 土橋作

手びねりで作った高さ30cm程の堂々たるワインクーラーです。大胆に描かれた葡萄と色付いた葉っぱの色合いがいい感じです。

くさび文練込鉢 佐藤(澄)作 油滴天目フリーカップ 泉谷作

練込渦巻文急須 中島作

くさび文練込鉢 佐藤(澄)作

3色の粘土を使ったくさび文の練り込み鉢です。つや消し調の釉薬でコントラストを押さえた使いやすい器ですね。

油滴天目フリーカップ 泉谷作

油滴天目釉で掛け分けて無釉の部分を模様にしました。無釉の地の色を生かしたシンプルなデザインがオシャレです。
 

練込渦巻文急須 中島作

色とりどりの粘土を練り込んで作った渦巻文の急須です。ちょっと?派手目の色合いが楽しいですね。お茶の味も違うかも。

水玉文タタラ鉢 加藤(真)作

線文練込タタラ鉢 白井(吏)作 油滴天目楕円皿 田中作

水玉文タタラ鉢 加藤(真)作

赤土を使って水玉模様を撥水剤で描いて無釉にしました。還元焼成で水玉模様を赤くしたのがポイントの器です。

線文練込タタラ鉢 白井(吏)作

3色の粘土を使った大変手間のかかった線文の練り込みの作品です。線文が歪みなく出来たのは、丁寧に作った結果だと思います。

油滴天目楕円皿 田中作

黒土の無釉の焼締め部分と油滴天目釉とのコントラストを上手に生かしたデザインの作品です。

くさび文練込皿 高原作

飛びカンナカップ 吉能作

モカウェア湯呑 井上作

くさび文練込皿 高原作

白土と青の顔料を混ぜた粘土使って作りました。トーンを押さえた優しい色合いの仕上がりがいい感じ。

飛びカンナカップ 吉能作

新入会の吉能さん。ちょっとコツがいる飛びカンナ模様に挑戦しました。思ったようにはいかなかったですが、でも面白く出来ました。成功です。

モカウェア湯呑 井上作

新入会の井上さん。こちらもちょっとコツがいるモカウェアの技法を使って湯呑を作りました。何回か失敗をしましたが、成功しました。

カフェオレボール 衣川作

練込渦巻文皿 大霜作

カフェオレボール 衣川作

新入会の衣川さん。酸化クロムを使って模様を描きました。じわりと滲んだピンクの模様が優しい雰囲気に仕上がりました。

練込渦巻文皿 大霜作

黒土と白土のマーブル模様のベースに余った粘土で渦巻状に象嵌しました。個性的な模様と色合いの素敵な作品です。

伊羅保皿 矢島作

粗めの砂が入った土で作って伊羅保茶碗のような趣き深い色合いの仕上がりにしました。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.