生徒作品No.53|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.53

会員の方々の新作No.53です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。

イチゴ形蓋物 柳井作

弥七田織部花器 長尾作 ギザギザ文花器 永松作

イチゴ形蓋物 柳井作

袋状に挽いたものをヘタに見立ててギザギザ状にカットしました。丸い形の赤いイチゴがかわいいですね。鮮やかな赤い色は上絵付で出しました。

弥七田織部花器 長尾作

赤化粧泥や織部釉それに鉄で模様を描きました。すっきりとした仕上がりの弥七田織部の特徴が良く出た、個性的な模様の花器です。

ギザギザ文花器 永松作

カーテンリールのワイヤーを使ったギザギザ模様の花器です。タタラで四角錐の形を作るのは難しいですが、ギザギザ模様もぴったし合いました。

草花文大皿 熊田作

四方皿&ぐい呑 大和田作

釉彩睡蓮文大皿 田原作

草花文大皿 熊田作

熊田さんの絵皿シリーズです。最近めきめきと、ロクロや絵筆の使い方が上手くなりました。模様も手が込んで細かく伸びやかな絵柄もなかなかのものです。

四方皿&ぐい呑 大和田作

赤土を使った焼締めに黒の釉薬を掛けました。端正な形に赤と黒のコントラストが映えてます。

釉彩睡蓮文大皿 田原作

睡蓮をモチーフにして釉彩で描いた大皿です。睡蓮を一つだけ配置したシンプルな構図が印象的で奥行き感のある仕上がりが見事です。

織部角皿 島作 皿に盛られた果物 滝川作 タタラ皿 加藤(真)作

織部角皿 島作

歪みなく作るのが難しい、タタラの貼り合せで作った織部の角皿です。四角い器に直線的な模様が組み合わせが新鮮に感じます。

皿に盛られた果物滝川作

皿に盛ってある果物はリアルなピーナツ、クリ、クルミです。本物と見間違えて食べようとする人のリアクションを楽しむそうです。

タタラ皿 加藤(真)作

黒土を使ったシンプルな形に長石釉を表側だけに掛けました。長石釉の温かみのある白色に、モノトーンのマットな仕上がりがいい感じです。

蝶々文タタラ皿 高村作

くさび文錬込鉢 佐藤(澄)作

蝶々文タタラ皿 高村作

蝶々の模様は炭の端面を押し付けて、複雑に凹んだ所に緑色の釉薬を丁寧に入れました。手間のかかった分、見事に鮮やかな色の蝶々に変身しましたね。

信楽茶碗 高松作

古信楽の粘土に灰釉を吹き付けて茶碗を作りました。ビードロ状にほどよく溶けた灰釉がいい感じです。

くさび文錬込鉢 佐藤(澄)作

赤土と白土に赤白半々の3色の粘土を使った錬込の鉢です。釉薬でコントラストを押さえて、お料理が映えそうな器にしました。

粉引楕円皿 三代川作

刷毛目茶碗 石丸作

花器 横山作

粉引楕円皿 三代川作

萩の粘土で作った器に白化粧を施しました。オレンジ色に出た御本が実にきれいです。

刷毛目茶碗 石丸作

粘土に砂と雲母を加えて素地に変化を付けました。白化粧の刷毛目模様が効果的な趣き深い仕上がりです。

花器 横山作

袋状に作ったまあるい形がとてもかわいらしい五つ口の花器です。お花が映えるよう控え目に模様を施しました。

辰砂カップ&ソーサ 井坂作

タタラ楕円皿 森下作

草花文大鉢 野田作

辰砂カップ&ソーサ 井坂作

辰砂の赤は、その時の還元の濃度、置き場所、温度などの条件に影響され易くとても難しいものです。今回はムラなくきれいに発色しまして、成功です。

タタラ楕円皿 森下作

黒い粘土を使って辰砂と白マットの釉薬を掛けました。白マットの方は黒土の影響で微妙なピンク色に変化しました。

草花文大鉢 野田作

入会間もない野田さん。初めての絵付で素朴な草花を描きました。形も色もきれいに出来ました。

会員作品一覧へ<<前のページ次のページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.