生徒作品No.94|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の生徒作品No.94

会員の方々の新作No.94です。今回はいろいろな作品を紹介します。どの作品もそれぞれ完成度の高い仕上がりで、ここまでの作品を陶芸教室でつくることができました。※画像をクリックすると拡大されます。
会員陶芸作品1 会員陶芸作品2 会員陶芸作品3

一角獣の蓋もの 滝川作

滝川さんの魔力を秘めた創造動物シリーズ。今回は角に触れたものなら何でも浄化すると伝えられる一角獣。オリジナリティをだしながらポイントを押さえた造形力は見事。

青白磁香炉 新澤作

白い磁器土を使って、蓋は透かし彫り、本体の葉は一枚一枚重ねて、高台は兎の彫り物で作った香炉。大変手間のかかった格調の高い仕上がり。

型紙抜き皿 吉能作

今月の技法講座で紹介された型紙抜きのお皿。四つ折した紙を切り抜いたレース模様の楽しいデザイン。

会員陶芸作品4 会員陶芸作品5 会員陶芸作品6

信楽大壷 岩上作

古信楽の粘土で作った高さ40cm程の炭化焼締による信楽大壷。ビードロ状に流れた灰釉と窯変がとても良い雰囲気。

三彩扁壷の花入れ 阿部作

技法講座で紹介した扁壷の花入れ。三彩釉で彩色したエキゾチックな模様が楽しい作品。

青白磁花形置物 加藤(博)作

成形が難しい白い磁器土で作った花弁をモチーフにした多用途に使える作品。インテリアとしての置物や花入れに、二つに別れるので鉢にもなります。

会員陶芸作品7 会員陶芸作品8 会員陶芸作品9

プレート小品 中山作

雪の結晶模様のプレートは技法講座で紹介された型紙抜き。黒地に余白を生かしたシンプルなデザインが素敵な作品。

タジン鍋 井上作

ヘルシーな蒸し料理が手軽にできるタジン鍋。辰砂の赤にぽってりとした形が心地よいあったか料理にピッタリ。

刻文&線文角皿 宮本作

陶土の質感を生かした焼締の黒土に白化粧土を施した彫り模様。モノトーンのナチュラルな質感がカジュアルな仕上がり。

会員陶芸作品10 会員陶芸作品11 会員陶芸作品12

蝋抜き蟹文大鉢 宮川作

二重掛けの蝋抜きは流れ易いので側面に細かい模様をだすのは難しいもの。細い足が狙い通りにでた蟹模様の大鉢。

壷 佐藤(澄)作

重ね掛けした釉薬の色合いと流れ具合が絶妙。存在感のある小振りの壷。

和紙染め小皿 大島作

白い磁器土で作った和紙染めの上品な仕上がりの小皿。藍色の水玉模様が白地に映えてます。

会員陶芸作品13 会員陶芸作品14 会員陶芸作品15

和紙染め皿 山田(富)作

磁器土を使って陶画のりで描いた模様を和紙染めで抜いたお皿。和紙染めによる背景の濃淡が効果的。

扁壷 石井作

最近技法講座で紹介された扁壷。表と裏に全く雰囲気の違う模様を描きました。

緋襷蓋付湯呑&茶托 及川作

備前土で作った緋襷の作品。透かし彫りの茶托が個性的。

会員陶芸作品16

黄瀬戸押文楕円皿 塩谷作

カエルと蓮の葉の凹模様はサンドペーパーを切り抜いた型紙で、緑の色はタンパン。使っても見ても楽しい楕円皿。

掻落し草花文小皿 萩原作

白化粧土を掛け残した余白が効果的な掻き落しによる草花模様の絵代わり小皿。御本手がほんのりと上品な仕上がり。

草文楕円皿 横山作

深めの彫り模様に弁柄でさらに強調したのがポイント。立体感のある仕上がりに釉薬の色の変化がとても良い感じ。

会員作品一覧へ<<前のページ次へのページ>>ページの初めへ

 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.